東京都豊島区の眼科 - 池袋さゆり眼科 - 日帰り白内障手術

池袋さゆり眼科 | 東京都豊島区の眼科 | 池袋駅東口徒歩1分

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-10-1 住友池袋駅前ビル 2F

03-5962-0656

白内障手術について

白内障について

白内障とは

目をカメラに例えると、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。その水晶体が濁った状態になるのが白内障です。
眼の中に入る光が、すべて濁ったレンズを通して入りますので、霞んで見えにくくなってしまいます。
水晶体の濁り方も様々ありますので、色んな訴え(見えにくさ)があります。

白内障とは

<主な症状>
  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

白内障の治療について

症状の軽いうちは「めぐすり」で進行を遅らせます。ただし、白内障は老化現象ですので、点眼で治すことや、完全に進行を止めることはできません。点眼を続けていても徐々に進行し、視力が下がり見えにくくなれば手術で治します。
では、どのタイミングで手術をするのでしょう?

年齢

白内障の起こる年齢や進むスピードには個人差があります。早ければ30~40代で手術をすることもあれば、90歳を過ぎても手術せずに済む人もいます。

視力

測った視力が同じでも、「見えにくい」と感じる程度は大きく差があります。0.9位の視力でも「見えにくい!」と感じる人がいれば、0.3位まで下がっても「大丈夫」という人もいます。

本人が「見えにくい!治したい!」と感じるタイミングで手術を行います。
気にならなければ、急ぐ必要はありません。 見えにくければ、我慢する必要はありません。

白内障手術について

白内障の治療について

どの程度不便さを感じているかやご事情など(免許更新 等)を踏まえて患者様と相談しながら手術の時期を決め、白内障手術を行っています。

洗眼・消毒

消毒液で白目の部分の常在菌を洗い流し、瞼の部分もしっかりと消毒します。

点眼麻酔

局所麻酔で行う手術です。目薬での麻酔ですので、麻酔自体も痛くありません。手術中は触れる感じ、水がかかる感じは残りますが痛みはないのでご安心ください。手術中は器械で瞼を固定します。

水晶体摘出

耳側の角膜(黒目の透明部分)に約3㎜の切開を行い、水晶体を包む袋の前面を丸く切り取ります。その後、水流の力で袋と水晶体を分離します。

超音波を発振する手術器械で、白内障となり濁った水晶体を細かく砕きながら吸い取ります。その時、元々水晶体が入っていた薄い袋は残し、中身だけきれいに吸い取ります。

水晶体摘出1

水晶体摘出2

眼内レンズ挿入

残した薄い袋の中に、人工のレンズを挿入します。当院ではインジェクターという物を使用し、大切な眼内レンズが睫毛等に当たり細菌で汚染されないようにしております。

眼内レンズ挿入

眼内レンズの説明

単焦点眼内レンズ

従来よりある眼内レンズです。遠方(~5m程度)、中間視(1~2m程度)、近方(~50cm程度)のいずれかにピントが合うようになります。

どの距離にピントが合うレンズが最も最適かは、元々のピントの合っている距離やその方のライフスタイルによって異なります。術後は眼内レンズのピントの合う距離以外はメガネが必要となります。

多焦点眼内レンズ

眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類あります。白内障手術では一般的に単焦点レンズの眼内レンズを使用します。

単焦点眼内レンズは、ピントの合う点が1点のみになるため、遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。
逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見るときには近視用のメガネが必要になります。この欠点を補い、できるだけメガネを使いたくないというニーズに応えるために登場したのが多焦点眼内レンズ(自由診療)です。
当院では、多焦点眼内レンズも取り扱っております。

眼内レンズの説明